学校法人織田学園 おだ認定こども園学校法人織田学園 おだ認定こども園
保護者専用ページ

2023年5月 家庭通信 (お知らせ)

新緑が美しい季節になり冬の間は枯れ葉や土の中でひっそりとしていた小さな生き物も活発に 動き出しています。小さいクラスの子どもたちにとって、初めて触れることができるダンゴムシや テントウムシとの出会いは、特別で発見がいっぱいです。さっきまで涙が出ていた子どもも園庭に 出て来ると気持ちが切り替わり、自分の世界を楽しめるようにもなってきています。
さて、おだ認定こども園では40年以上前から年中組と年長組は午後の時間を「わんぱく保育」と名付けて戸外遊びを中心にする時間を設けています。理由はTVゲームの流行とほぼ同じころから 『けがをしやすい』『遊びに誘っても長続きしない』等子どもの生活に変化が起こり、このままでは、幼児期の子どもたちが主体的に様々な体験を通して学ぶ機会が少なくなり、この時期にしか学ぶことが出来ないことがおざなりになってしまうのではないかと危惧したことです。 おもちゃに遊んでもらうより、たくさんのお友だちと遊ぶ場を提供することを園の役割として、 保育時間を3時まで延ばし『わんぱく保育』としました。『遊べる子』を目指して、泥んこ遊び、 公園や山への散歩、体力つくり等々子どもたちが意欲的に取り組める内容を考えて、一緒に楽しんできています。
今年もまもなく年中組のわんぱく保育が始まり、保育時間が長くなります。『進級児は慣れているからもっと早く』というご意見もございますが、5月は『張り切りすぎていた4月』の疲れが出たり、急激な気温の変化に、身体がついていかなかったりしがちです。子どもたちの発達に無理のないリズムを大事にしながら、ゆっくり『たくましい心身が発達』するのを見守っていきましょう。



2023年4月30日

●カテゴリ:


 

2024年2月

« 1月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
26272829