おだ認定こども園おだ認定こども園

9月家庭通信

【お知らせ】 2015年9月2日

今年の8月は35℃を超える日が多く猛暑の夏でしたが、夏休みが終わりに近づくにつれ、さわやかな秋風が吹き、虫の鳴き声が変わり、雲が高くなり、あちらこちらで季節の変化が感じられます。9月はこうした変化を子どもと一緒に発見しながら楽しみたいと思います。

さて2学期がスタートしました。1学期には、様子をうかがっていた子や園生活に慣れずにメソメソしていた子もいよいよ本領発揮し始めるころです。夏に様々な経験をした子ども達は、体も心も一回り大きく成長してきています。興味の幅も広がり、色々なことに気づいていかれるようになってきます。この気づきは、年齢が上がってくるにしたがって、もっと深く知りたいという学びの基礎となるので、大切に育みたいところです。

これからの季節は、自然物がとても良い教材となり、子どもはそれらをあそびに取り入れます。どんぐりだったら、色や形が違うことに気づき、たくさん集めてきたら数を数える子どもも出てくるでしょう。どんぐりを空き容器に入れて振ってみたら音が出て、お友達に聞かせたいと思う子も出てきます。入れた量や入れる容器によっても音の違いに気づく子どももいるでしょう。どんぐりを転がす迷路を仲間と作る子どもが現れたら、相談をしたり、自分の考えたことを伝えたりして、言葉を学習する機会へと繋がります。こうしたことが園の至る所に用意されて、子ども達が主体的に取り組めることがなによりも大切だと考えています。幼児クラスの2学期は保育を見られる機会がたくさん用意されています。是非子ども達が主体的に取り組む姿をご覧ください。

 

2017年10月

« 9月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031