おだ認定こども園おだ認定こども園

家庭通信 10月号

【お知らせ】 2018年10月2日

秋本番となり、遊歩道のコスモスの背も伸びて秋風に揺られて咲いています。

季節が変わり、朝夕は少し肌寒く感じるようになりました。朝子どもの洋服を決めるときに、つい着せすぎてしまう季節です。子どもの活動量は大人が思っている以上に多いので、「寒いかな」と大人の感覚で洋服を着せすぎると、室内で汗をびっしょりかいてそのままでいて、周囲の大人に促されてシャツを脱ぐというシーンをよく見かけるようになります。この時期の衣服は着せすぎず、肌着の上に薄手の長袖で朝夕登降園の時はその上に上着を1枚着て帰る程度で十分ですので、感染症などが流行りやすくなる冬に備えて、薄着で元気に過ごせるように心がけましょう。

 

さて、「芸術の秋」という言葉の通り、今こども園の幼児のクラスでは様々な造形活動をしています。日頃ご家庭からご協力いただいている廃材を利用して、作る事が大好きな子ども達はその経験を生かして、更なる大作に挑んでいるクラスもあります。今年から幼児の作品展は平日を含む木・金・土曜日に開催いたします。年長以外はホールでテーマの展示をいたしますので、保育中に見ていただいたり、人が多く混み合うのは避けたいという方にとっても時間帯によってはゆっくり見ていただいたりできるようにしていますので、どうぞ何度でも足をお運びください。また、保育部は土曜日に、日ごろの保育で大事にしている感触遊び等を、小さい子どもなりの感性で主体的に遊んでいる様子をスライド等でお見せするコーナーも用意する予定です。ぜひみなさんでお越しください。

 

「お願い」

こども園は朝7時からご家庭のお仕事の都合に合わせてお子様をお預かりしていますが、登園時間にもばらつきがあります。もし今大地震が来たら確実な子どもの人数を冷静に正確に確認できるのか、と職員に話をしたところ、9時前の時間帯は日によって登園してくる子どもの人数も異なることから、不安があるということが分かりました。いつ起こるかわからない大惨事に備えて、朝9時までに登園する方は必ず保育室までお子さんを連れて来ていただき、その際に名簿にチェック、または記名をしてください。大惨事の時にその名簿を頼りに子ども達の人数確認をするためです。尚9時過ぎての登園の際も、「大きくなったから、門で行ってらっしゃい」と子どもだけで2階に登園することもありますが、階段を上っている途中で惨事に見舞われることがあるかもしれません。保護者同伴の登園の際には必ず保護者の方が職員にお子様をお預けください。「命のリレーは人から人へ」を徹底していきたいと思います。

ご協力お願いいたします。

 

2018年11月

« 10月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930