おだ認定こども園おだ認定こども園

家庭通信 6月号

【お知らせ】 2018年5月31日

「センス・オブ・ワンダー」不思議さを感じ取る感性を大切に

園庭のビワの実が大きく膨らみ、初夏の訪れを感じるとともに収穫を心待ちにしています。この時期は、生き物の誕生や植物の生長を身近に感じる事ができる絶好のチャンスです。この時期に出会い、生活を共にしたり(飼育したり)草花を育てたりする体験が生き物への親しみや温かな感情を生み、生物を大切にしようとする心が育っていきます。先日年長組で飼育している女王アリが卵を産んで、そのアリが必死に卵を守ろうとしている姿に、母親の強さと、子孫を守ろうとするたくましさや不思議さを子どもたちは目の前で感じる機会がありました。

私たち保育者は自然の不思議さや素晴らしい営みを子ども自身が気づいたり不思議に感じたり出来るような環境を用意し、出しゃばらず辛抱強く子どもと同じ目線で見ていくことを大事にしていきたいと思っています。

大人が一緒になって発見を喜んで共感することで、更に関心を深めたり興味が広がったりしていくことを助長することができるからです。子どもたちがその不思議さを言葉にして話題にしたときには、ぜひ子どもの話に耳を傾けて共感してあげてください。

 

さて、今月は初めて行う「おだキッズデー」があります。梅雨入りの便りが聞かれる中天気が心配されますが、子どもたちが今、活動や生活の中で楽しんでいる歌や表現・遊びを保護者の皆様と一緒に楽しみたいと思っています。詳しくは先日お配りしたお手紙をご覧ください。

 

【職員の計画有休について】おだ認定こども園では職員の勤務時間を年間変形労働時間制で管理しています。

今年からは更に働きやすい職場を目指して、「計画有休」を年間1日設定する事にしました。幼児の職員も平日に有休取得日があります。その日には園長か主任が代わってクラスの保育に入ります。クラスの現状を知ったり、担任としてクラスに入る事でより身近に個々の成長の理解を深め、お子さんの成長を多面的に見てまいりたいと考えています。幼児の担任が計画有休を取得する日は各クラス便りでお知らせするようにいたします。

ご理解ご協力をどうぞよろしくお願いいたします。

 

 

 

2018年6月

« 5月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930