おだ認定こども園おだ認定こども園

5月家庭通信

【お知らせ】 2015年5月11日

4月は雨が多く、なかなか春らしい日々を楽しむことが出来ずにいましたが、その分5月は、新緑の美しい中、春の草花に触れたり、体をたくさん動かす遊びを楽しんだりしたいと思っています。

おだ認定こども園は0歳の乳児から就学前の幼児が一つ屋根の下で生活する場所です。今月の家庭通信から、全学年の子どもたちの生活が垣間見ることが出来るような紙面にしてお届けします。各学年の行事のご連絡は、クラス便りなどのお手紙でお知らせいたしますので、ご不明なことがありましたら、直接担任にご質問ください。

 

さて、おだ認定こども園では30年以上前から「わんぱく保育」を始めています。TVゲームの流行とほぼ同じころから現れた『けがをしやすい』『遊びに誘っても長続きしない』等子どもの生活に変化が起こり、このままでは、幼児期の子どもたちが主体的に様々な体験を通して学ぶ機会が少なくなり、この時期にしか学ぶことが出来ないことがおざなりになってしまうのではないかと危惧し、おもちゃに遊んでもらうよりたくさんのお友だちと遊ぶ場を提供しよう。とにかく汗をかく爽快さをたっぷり知らせていきたい。『遊べる子』を目指して、泥んこ遊び、公園や山への散歩、体力づくり等々子どもたちが意欲的に取り組める内容を考えて、一緒に楽しんできました。今年も年中組のわんぱく保育が11日(月)から始まって保育時間が長くなります。『進級児は慣れているからもっと早く』というご意見もございますが、5月は『張り切りすぎていた4月』の疲れが出たり、急激な気温の変化に、身体がついていかなかったりしがちです。子どもたちの発達に無理のないリズムを大事にしながら、ゆっくり『たくましい心身が発達』するのを見守っていきましょう。

 

2017年10月

« 9月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031