おだ認定こども園おだ認定こども園

4月家庭通信(新入)

【お知らせ】 2015年4月13日

ご入園おめでとうございます

  桜の花が舞い散る中、70名の新入園児を迎えることが出来ました。それぞれのご家庭で、温かく育まれてきた子ども達が、こども園という小さな社会への第一歩をスタートする記念日が入園式です。嬉しくて待ち遠しくて・・・。きっとそんな気持ちでこの日を迎えられたことでしょう。「こども園ってお庭が広いんだよ!」「おもちゃがたくさんあるんだ!」「先生ってやさしいんだよ」と顔を紅潮させ、嬉々として登園してくる子。一方、「やっぱりママと一緒がいい」「心細いな・・・」「お友達がおもちゃとっちゃうの・・」「怖い子がいるの・・」と不安を感じながら恐る恐る登園してくる子、いろいろな姿があります。親としても、張り切って登園してくれれば安心できるのに、いつも元気な子が部屋の隅でポツンとしていたり、「ママーママー」と追いかけてきたりすると、きゅんと胸が締め付けられるような気がして、心が落ち着かない日が続くかもしれません。もしも、泣いたり離れたがらなかったりしたときは、保育者に預けたら、なるべく速やかに姿を隠し、離れ際の時間を短くしてあげてください。泣きながらも、子ども自身が気持ちを整理して、新しい生活に適応する努力をしようとしているのですが、ママの顔を見るとその努力が切なさに変わって行ってしまい、かえっていつまでもぐずぐずしてしまう事があります。また、「最近おねしょをするようになった」「下の子をたたく」等、お家での様子、ちょっとした変化など、出来るだけ早めに担任に教えてください。何も感じていないように見えても、入園当初の子ども達は結構疲れています。すっかり幼稚園に慣れるまでは、お家でゆっくり甘えさせ、休ませてあげてください。わんぱくな子・メソメソする子・泣いて暴れる子・黙り込んでしまう子等々、どんな子も大事な大事な子ども達です。全職員が心を込めて、保育し責任を持ってお預かりします。ご家族と幼稚園の二人三脚で、素敵な子育てをしていきましょう。

 今年度は、「子ども・子育て支援新制度」の一環として創設された幼保連携型認定こども園として、新しい制度の中でスタートします。保育内容については、今まで以上に教職員の質の向上を目指し、取り組んでまいります。また、新制度について、不明な点がございましたら、何なりとご質問ください。

 

2017年10月

« 9月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031