おだ認定こども園おだ認定こども園

「ロミとのお別れの日」

【こどもへのまなざし】 2016年11月9日

 

平成15年秋に移動動物の動物たちと一緒にやって来た2匹の犬。

「ロミオとジュリエット」から名前を取って、「ロミ」と「ジュリ」2匹の犬は子ども達にとって時には、サッカーをして遊ぶ友達のように、時には泣いている子どもを優しく包み込んでくれる母のように、10年以上長い間おだの準職員のように働いてくれていました。

数年前にジュリが亡くなり先日11月1日にロミが亡くなりました。

眠っているように横たわっているロミを前にして、子どもたちは最後のお別れをしました。

「死」をまだよく理解していない小さいクラスの子ども達の中には、次の日、「ロミはいる?」といつものように挨拶に来る子どももたちや、ロミの犬小屋が片付けられていて初めて「いなくなる」ということを理解する子どもも見られました。

生き物を飼うということはいつかお別れの日が来ること。いつも接していた仲間が突然「おはよう」と言っても答えてくれなくなること。心のずーっと奥の、「かなしみ」という自分の中の感情に気付いたこどももいたようです。

ロミは深大寺動物霊園でたくさんの動物たちと一緒に眠っています。

ロミとジュリ

 

2017年10月

« 8月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031